内覧会なんて絶対にやりたくない

先週末営業さんから電話があった時、最後についでのように「それから今日の4時頃、他の営業のお客さんが家の中を見せてもらいますからご報告しておきます」みたいに言われました。断る余地を与えない言い方をされたので、「あ、はい…」と言うしかありませんでした。

私たちも計画中には内覧会はよく行きました。最後まで検討していたもう一つの住宅会社は毎週末どこかの内覧会があったので、7-8軒は見せてもらったと思います。今建てている会社では2軒見せてもらい、どこのお宅も間取りや設備やフローリング、壁紙選びなどとても参考になりました。見せてもらったのだから自分も見せるべきという考えもあると思いますが、内覧会はしたい人だけすればよくて、嫌なら断っていいとどちらの会社でも言われました。なので私たちは内覧会はしたくないと最初から言っていたのです。防犯、プライバシーの保護、単純に汚されたり壊されたりしたくないからという理由です。今回は1組のお客さんに見せるだけというもので内覧会には当たらないのでしょうけれど、できたら断りたかったです。

家は設備も整いほぼ完成しています。まだ床やキッチンなどの設備は段ボールで養生してある状態なので、ほんの少しは気休めになっていますが。

自分が見せてもらう側の時は収納やキッチンの扉などあちこち開けて見ながら、内覧会をさせてくれる人ってすごいなぁと思っていました。自分だったら他人に家の中をすみずみまで見て回られるなんて気持ちが悪くて絶対に無理です。しかもネットでは、近所の人たちが興味本位で見に来て後日感想を言われたりするという恐ろしい話もあります。

うちを見に来た人が今後の人生で一切かかわりのない人ならまだいいのですが、同じ市内に住んでいるらしいし、向こうはもちろんこちらの家を知っていて、何かの機会に会ったとしたら「あなたのお宅を見せてもらったんですよ」とか、言わなかったとしても「この人あのうちに住んでいる人ね」と思われたりするのかと思うとぞっとします。

田舎なので会うことは十分あり得るのです。子供が同じ学校だったら絶対ですし、引越しの営業さんと運命の再会をした話もありますし、一昨日はピザ屋に行って焼けるのを待っていたら隣に現場監督がいましたし、知り合いと知り合いが知り合いだったりはよくあります。こっちは内覧した人を知らないのに向こうだけがうちの中まで知っているというのがとっても嫌です。その1組の人の名前と住所を聞いておきたいくらいです。

今後は内覧はないとのことなので今回のことは諦めるしかありません。ちゃんとした内覧会はもちろんやりませんが、web内覧会は別です! 是非やりたいと思っていますのでよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする