引越しの営業さんと運命の再会をしたが、即決しなかったため険悪ムードに

いよいよ引越し業者を決める時が来ました。月末は忙しいだろうと予想して7月3日月曜日の昼前に作戦開始。結婚してからの10年間で4回引越ししているので、慣れているほうだと思います。今回の5回目で最後の予定です。

まずは引越し達人セレクトという一括見積もりサイトに登録。都会では営業電話とメールがじゃんじゃん来て大変らしいですが、田舎なので対応している業者はサカイ、アリさん、アーク、ハートの4社のみという結果。3分後に見積もりサイトから電話があり、インターネット接続と富士山の天然水のセールスをされましたが、それを断ればすぐに終わります。約20分後にサカイから電話あり、今日か明日の見積もり希望を出すと明日の11時に決定。その10分後にアークから電話あり、今日の14時に来れるとのこと。

14時ちょっと前にさわやかな営業さんが現れました。汚いアパートを隅々までチェックされるので結構恥ずかしいですが、そのためだけに大掃除をする気力もありません。我が家の条件は、移動距離は車で1分、大きな荷物は冷蔵庫と洗濯機と37型テレビとベッド1台とソファ1台とテーブルと椅子、あとは衣類とおもちゃと食器や雑貨で6人家族の標準的な荷物量と言われました。費用を抑えるために8月初旬の平日で時間指定なしでおいくら……

と思ったら、営業さんが「全然関係ないこと聞いてもいいですか?」と言います。はいと答えると「もしかして○○建設で家づくりの相談をしていませんでしたか?」と言うのです。その営業さんは約10ヶ月前に○○建設にいらっしゃって我が家の相談に同席していた方でした。ずっと引越し営業だったけど1年だけ建築業界にいて、やっぱり大変だから引越し営業に戻ったとのことでした。当時はカジュアルな服装だったけれど今日はスーツなので雰囲気が違いすぎでわかりませんでしたが、確かに見覚えのある顔でした。話をよく合わせてくれて、子供の相手もしてくれたので良い印象の方でした。偶然過ぎてびっくりしましたが田舎なので世間が狭いです。その後違う会社で家を建てたことや、世間話を和やかにしたあと、金額の発表です。

96,000円

高すぎてびっくり。お知り合い価格で値引きしてくれると言ったのに。「実は4年前の年末にも同じ市内で引っ越しをしていて、その時は5万ちょっとだったのでその位と思っていたんですけど」というと「はぁ?」と結構大きな声で驚かれました。「今よりかなり荷物が少なかったのですか」と。確かに子供は2人しかいなかったけどそれにしても違いすぎます。これは4トンLLのトラックの価格なので、3トンLトラックに落として入りきらない段ボールを自分で積むプランなら安くできるとのことで再度見積もりしてもらいました。その間のサイズでも良さそうですがこの2種類しかないとのことでした。

支店長に電話したあと出てきた金額は、

54,000円

まだ高い気がして、夏休みは繁忙期なのか?前回の年末は安い時期だったのか?と質問したらどちらも否定されましたが、最終的には

48,600円

になりました。とりあえずアークはこの値段か、と思っていると「じゃあ段ボールはいつ持ってきますか?」と聞かれました。びっくりして「えっ?まだ決められないです。夫にも聞かないといけないし(嘘)明日サカイさんが見積もりに来ます(これは本当)」というとみるみる営業さんの顔色が変わりました。

最終の価格は即決してくれるならと出したものなので、即決しないなら64,800円とのこと。比較サイトからの見積もり依頼なので、当然相見積もりを想定してくれていると思ったのに。しかも即決価格だとは言っていないし。明日中には決めますと言いましたが、明日ならこの価格は無理です、64,800円よりは少し安くできるかもしれませんが、とやや怒った口調で言われてしまいました。せっかく比較サイトに登録しているのに、比較しないで即決する人がいるんですかね?謎です。

営業さんが帰った後、後味の悪い気持ちで4年前の引越しの価格を家計簿で調べると、

68,000円

でした……。完全に記憶違いをしていました。12月23日の祝日だったのでやっぱり高かったのかもしれません。営業さんごめんなさい、本当にギリギリだったのに即決しないから怒っちゃったのですね。

明日のサカイは、これより安くなるでしょうか。