価格コム最安店でエアコン4台まとめ買い!

エアコンは価格コムでの取扱数が非常に多くて選ぶのに苦労しました。それでもなんとか、エアコン取付け工事日の前日に届くように4台注文できました。工事日の5日前注文といういつものギリギリ具合です。引越し前後にやることをリストアップで考えていたのに全然実行できていません。

すべてパナソニックで、リビング用にJコンセプト CS-716CX2-W、夫の部屋用にエオリア CS-287CF、和室と子供部屋用にエオリア CS-227CFを2台にしました。エオリア、徳永英明が歌っていたのを思い出します。懐かしい。

パナソニックにしたのは、冷風が直接当たらない「天井シャワー気流」が良さそうだからです。今アパートについている白くまくんは直接冷風が当たって寒いのです。リビング用のJコンセプト CS-716CX2-Wは更に、同価格の他社のものにはない除菌と脱臭機能があったので決めました。それにパナソニックはデザインが良いですし、スマホで操作できる点も良さそうです。そのあたりは実際に使ってから記事にしようと思います。

エアコンの選び方として、工事の見積もりをしてくれた電気屋さんにAPF(通年エネルギー消費効率)値が高いものがいいと教えてもらいました。これは車で言う燃費のようなものです。安いエアコンを買っても電気代が高いとかえって高くつくので、ある程度性能のいいものを選んだほうが結果的には安くつくということらしいです。目安は最低でも「5以上」とのことでした。APFは2から7くらいまでありますが、値が高いものは本体もすごく高いので、APF値と本体価格とのバランスがいいものを選びました。選んだエアコンのAPF値はリビング用が5.4、他が5.8のものです。

全部同じ店で買えれば楽だったのですが、3つともそろっている店はなかったのでそれぞれの機種の価格コム最安店で買いました。最安店と言っても送料や代引き手数料が入ると変わってくるので、注意が必要です。安い店はカードを使えないところが多く、代引き手数料も払いたくないので銀行振り込みをしてきました。価格コム上位の店で評価もあれば信用できると思います。

私の口座はゆうちょ銀行なので、1店はゆうちょ同士で手数料が無料、あとは地方銀行と信用金庫で手数料432円が2回。代引き手数料よりは安いですけど、お店だったらゆうちょとかUFJとか、大きい銀行に口座を作っておいても良いんじゃないかと思いました。主婦が手数料の数百円をケチる心理を解っていないのでしょうか。もしかして経理的に複数口座を持つのは難しいんでしょうかね。

工事は「ネットで買ったエアコンの取り付けもできます」とうたっている地元の小さな電気屋さんでお願いしました。量販店で買って下請け業者に頼む選択肢もありましたが、1つの量販店に問い合わせたところ、ガルバリウムの外壁はできるかどうかわからないと言われたためです。下請け業者は一見工事費が安そうですが、最低限の価格なのでいろいろ頼むと一気に高くなります。それにどんな業者が来るかわからない心配もあります。地元の電気屋さんは見積もりを頼むと結構良心価格だったし、ちゃんとしてくれそうだったので安心しています。エアコンの本体価格が量販店よりネットのほうが断然安いので、多少工事が割高でもトントンかちょっと安いくらいで収まると思います。そのあたりも後日記事にするつもりです。

エアコン工事は基本は引き渡し後ですが、引き渡しが遅れた関係で特別に引き渡し前に工事を許可してもらえました。猛暑のなか夏休み中の子供を連れて、立ち合いに行ってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする